So-net無料ブログ作成
検索選択

無許可業者に産廃処理を委託=弁護士と業者を告発―岐阜県(時事通信)

 破産したタイル製造会社の破産管財人である弁護士が、無許可の産業廃棄物業者に廃タイルの処分を委託したとして、岐阜県は17日、同県多治見市の弁護士(66)と、受託した同県恵那市の自称解体業社長(59)を、廃棄物処理法違反容疑で県警多治見署に告発した。
 県によると、弁護士は2007年に破産した多治見市内のタイル製造会社の管財人を務め、入札で決めた業者が無許可と知りながら、廃タイル約2000トンの処分を1050万円で委託した。
 業者は土岐市内の資材置き場にタイルを保管。「有価物なので廃棄物ではない。破砕して研磨剤に使用する」と説明していたが、県は保管状況などから再利用はできず、成分からも研磨剤には使用できないとして、廃棄物と認定した。 

【関連ニュース
社会福祉法人を捜索=ガラスチップ廃棄容疑
法人税滞納、産廃業者を逮捕=資産隠し容疑
動物葬祭業者、詐欺容疑で再逮捕=犬死骸大量投棄事件
火葬せず、ペット以外の骨渡す?=犬死骸投棄、詐欺でも捜査
動物葬祭業者を逮捕=元町議、犬死骸を不法投棄

初の野党での選挙に苦渋の思い―石破政調会長(医療介護CBニュース)
携帯操作に夢中で気づかず?電車に接触、重傷(読売新聞)
創価学会と公明党けん制狙う…民主議連が会合(読売新聞)
月内閣議了解「決意変わらず」=社民反対に首相―普天間(時事通信)
鞆の浦埋め立て架橋問題 住民対話集会が初開催 広島・福山(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。